読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てるてるブログ日記

音楽とか読書とか、

SMAP頑張れ!GLAYの独立のお話

 

2016年に入り連日報道されていたSMAP解散報道。

解散は嫌だけど5人で独立するなら応援したいなって思いながら見ていました。

GLAYみたいに自分たちで事務所立ち上げたらいいのに、って思っていたけど

スマスマの生放送を見て、あぁ、そうかSMAPは自分たちでハンドルを握れなかったんだ。と解散を回避できたのは良かったけど少し残念でもありました。

 

自分はGLAYが好きです。

きっかけは姉や兄の影響、小学校に入る前に家庭で聞こえていた音楽がGLAYでした。その後2006年に発売されたシングル”G4”から意識的にGLAYを聴くようになって今にいたります。(その時期にGLAYを好きだった兄には感謝!)

当時は中1でしたから、詳しくはわからなかったけれど、その時のGLAYは事務所と揉めて独立、音楽もろくに専念できずたくさんの人達に助けてもらいながら(その中にはEXILE氷室京介さんもいました)1年7ヶ月ぶりにようやくCDが出せた、その記念すべきシングルがこのG4だったのでした。

 

 

【裁判】glayが前事務所と繰り広げた訴訟問題とは? | LAUGHY [ラフィ]

 

リンクも貼りましたが、当時のGLAYは前事務所が印税、コンサートの出演料をGLAYに対して支払わなくなった為にGLAYが独立。同時にその未払金の支払いを求めての裁判を起こしたのがこの時期でした。

その後、GLAYは裁判に勝訴。今までの楽曲全ての著作権GLAY側に認め、またそれまでの未払い金6億7000万を支払うよう裁判所が命じました。(よかったよかった)

現在はTAKUROが社長を務めるlover soul music &assosiatesをGLAY自らが設立し活動しています。今ではHISASHIがyoutuberになったり笑、本当に自由な活動が出来ていてとっても楽しそうなんです。

 

でも簡単に書きましたが独立後は前事務所の圧力からテレビには出演できなくなったり、本当に我々が想像できないぐらい困難で苦しい時期だったと思います。

 

その時期のことを書いた曲、MIRRORとLAYLAはファンの間ではもう名曲ですね。

少し歌詞を抜粋すると

 

時に誇りさえ奪われ信じた者の裏切りを見た
薄ら笑いの影にこれまでの日々が哀しく思えた

 ・・・

今日という日が 明日という日が裏切りばかりの毎日でも
今日という日が 明日という日が心殺すだけの毎日でも
今日という日が 明日という日が絶望ばかりの毎日でも
こぼれそうなあの笑顔を探している

(MIRROR)

 

まだ俺はやれるのさ かつてのように器用には
WOW うまく振る舞えないかもしれないけれど
諦めに舌を出し 消せないのなら戦おう
LIVE FOREVER
足の震えを隠し明日に挑むんだ

 ・・・

夢に破れた俺をお前は一言も責めなかった
俺達はどんな惨めな時も冗談を飛ばし合った
今はうつむいてばかりはいられない

(LAYLA)

 

TAKUROは自らのレーベルを立ち上げる際、過去を振り返りインタビューでこう語っています

明日がどうなるかわらないとか 今就いてる仕事が10年後も20年後も出来るかどうかわからないっていうような世の中であるならば、

なおさら、もう助手席に乗るのはやめて自分でハンドル持ったほうがいいんじゃないのかなって

 

デビューしてから10年くらい俺たちは間違いなく 前のスタッフの人たちだったり、アイデアをたくさん持っているいろんな人たちに「お前らの良さはこうだからあっちにいこうぜ」って助手席に乗ってわー、なんて景色を見ながら目的地に着いていたっていうのがGLAYだったんだろうけど

もしその時にぽんと放り出されてたらGLAYは何もできなかったと思う

だけどあるときからちゃんと自分たちでハンドルを握らないといざって時にメンバー守れないな、家族守れないな、なによりファンの人達守れないなって

 

音楽業界の不振とかCDの売り上げ減退とか聞く中で誰か人に任せておく時代ではないのかもしれない

 

そして彼らは自分たちの音楽を自分たちの責任で届けることを徹底して活動しています。

 

そして去年行われた20周年を記念する東京ドームでのライブでは、VocalのTERUが「またこれから10年20年、俺たちは解散しないから。みんなでたくさんの夢を叶えていきましょう」と宣言。この言葉がファンにとってどれほど暖かく、支えになっているか(涙)。現在では毎年のようにツアーを組み、ライブ中心の活動でファンに愛されています。

 

この彼らの姿を目の当たりにしてきたからこそ、SMAPには解散して欲しくない、きっと独立して干されてとしてもたくさんのファンがついてるSMAPなら大丈夫だろうと勝手に考えていました。GLAYとは結成の理由も、活動の内容も違うけれど、でもSMAPがアイドルとして最初にバラエティで司会をこなしたりコントをやるようなパイオニアであったように、もう一度、他のアイドルに新たな道を示せるような活動ができればいいなと思います。

 


GLAY - MIRROR